“5”

2020年5月5日 MJC dance company studio showcase “5”

今年の発表会のタイトルは “5”

実は2019年11月1日でMJC dance company studio open 5周年でした。

私と言う人間は本当に年数やら歴史やら…そう言うものに鈍感無頓着な所があり、5周年という大事な節目の日も周りの皆さんにお祝いして頂き、気付かせて頂きました!笑

私が荒川区で最初にダンスを教える機会に恵まれた某Gymの時からお世話になっている重田さんは毎年忘れずにとっても大きくてとっても素敵な胡蝶蘭を送って下さったり、

Lisa先生は私の大好きな薔薇の花束持ってきてくれてお祝いしてくれたり、

長年本当にお世話になっている金原さんからは素敵なお花と素敵な言葉を頂きました。 

「先生、本当に5年間よく頑張っていたね!5年続ける事、頑張り続ける事、本当に凄い事だよね!」と声を掛けて頂き…なんだかとってもハッとしたのを覚えています。

そもそも町屋の貸しスタジオで細々とダンスを教えていた時とは雲泥の差で、私の生活と価値観はここ5年で大きく大きく変化しました。

辛いことや大変なことも本当に多くて驚く程だったけど…それでも私を信じて町屋からついてきてくれてた生徒さんや子供達、ご父兄の皆さんや、新しくこの土地で出会えた皆さん…そして今も私のような者を愛して応援してくださるOBメンバーの支えがあり、この大きな節目の「5周年」を迎えられたと気付いた時に、やはり何か形や思い出に残していきたい!と感じ今回の発表会のタイトルを”5”にしました。

Ultimate Decision

そして私が作っているDance wear brand “Ultimate Decision”は今年で12年目となります。

ULTIMATE DECISION powered by BASE

荒川区にあるダンススクールMJC dance companyが手掛けるアパレルブランドのオンラインストア。オリジナルのT…

親友と始めたこのbrandがスタートしてすぐに親友が他界…。

実は彼女が闘病中に「タオルを作ろう」と言って2人でDesignを考えていた時もありました。

その夢がなかなか諦められず10年ほど前に、タオル業者さんに作りたいタオルのDesignを話すと、到底私には作れそうにない金額&枚数で諦めた事がありました。

そこから10年。何か5周年を記念して形に残そうと考えた時に、諦めた末に記憶の奥底にしまい込まれていたタオルの存在を思い出しました。

サッと汗を拭け

腰やカバンに付けられて

オシャレで

踊ると腰元でヒラヒラオシャレに舞う

そんなタオルを作りたかったんです。

これを身につけて踊りたかったし、手にして踊りたかった。

ありがたいことに

昨年の秋からMJC講師の仲間入りしてくれたNaho先生のお兄さんが、業者さんのお知り合いがいると言う事でたくさんたくさん助けて下さり…今日ついに長年夢見た私の想像を上回るOriginalタオルが完成しました!

長く同じことを続ける事 …

夢を持ち続けて叶える事 …

これらは簡単な事ではないし、本当に大変な事ではあります。

でもこうして好きな事が出来る幸せ。

ダンスがある事で私の人生は沢山の出会いと喜びと幸せが溢れているんだという事をまた「5周年」という節目のおかげで思い出す事が出来ました。

今年の発表会も子供達から大人達、お父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんみーーーーんなの心に残る素敵な会になるようにここからしっかり頑張っていきたいと思います‼︎